1. 鈴木組採用サイト ホーム
  2. > 社員紹介
  3. > 飯田 勝貴
写真:飯田 勝貴

周りの方々の評価に恥じぬ
仕事をしていきたい

建築部飯田 勝貴MASAKI IIDA

2013年入社 デザインテクノロジー専門学校卒業

現在の仕事内容

日頃から職人さん達との打合せを
密にしています

現場監督として、工程、品質、安全の管理や図面の作成などを行っています。
早く・キレイに・事故なく現場を完工することが目標ですが、どれか一つを優先させても良い物は造れないため、日頃から職人さん達との打合せを密にしています。
図面の作成では指示が適切に伝わるよう、誰が見てもわかりやすい図面作りを心がけています。

入社のきっかけ

歴史の長い鈴木組で地域に根付いた
仕事がしたい

建築系の専門学校に通っていた私は講師の先生の勧めもあり、現場監督になろうと思いました。
中でも鈴木組を選んだ理由は創業が明治23年からと歴史が長く、地域に根付いた仕事ができるのではと考えたからです。
実際に務めてみると、設計事務所さんやお施主さんのみならず、近隣の方にも「鈴木組さんね!」と言って頂ける機会も多くありました。
そんな周りの方々の評価に恥じぬ仕事をこれからもしていきたいと思います。

仕事のやりがい

地図に残る仕事が大きな魅力

建築や土木の仕事はやはり地図に残る仕事なので、自分の担当した建物が形として残ることが大きな魅力の1つだと思います。
いつか子供ができた時に「この建物はパパが造ったんだよ」って自慢したいですね(笑)
また工種1つを取っても施工方法が様々ですし、日に日に新しい施工方法も増えているので毎日が勉強の日々です。

これからの課題や目標

色々なことに挑戦し、様々な技術・知識・経験を積んでいきたい

まだ1人で現場の所長を任されたことがないので、早く一人前の所長になることが目標です。
現場監督と一言でいっても、原価・工程・品質・安全と管理する項目は多岐にわたります。ですので、これからも色々なことに挑戦し、様々な技術・知識・経験を積んでいきたいと思います。

これから鈴木組に入社する方へ

建物ができたときの達成感を一緒に感じましょう!

現場監督と聞くと、難しそう、大変そうというイメージを持つかもしれません。
しかし、鈴木組は先輩社員がしっかりフォローやサポートをしてくれるので、仕事の内容でわからないことなどはすぐに教えてくれます。
また、仕事だけに囚われず、プライベートなことも相談しやすい会社だと思います。
物づくりや建築に興味がある方は是非、建物が出来たときの達成感を一緒に感じましょう。

先輩社員一覧