1. 鈴木組採用サイト ホーム
  2. > 社員紹介
  3. > 谷中 航太
写真:谷中 航太

この町をより良いものにしていると
感じるところです。

リノベー
ション部
谷中 航太KOTA YANAKA

2015年入社 デザインテクノロジー専門学校卒

現在の仕事内容

無事に工事が完了することが第一です

3年目の私の仕事は、工事写真の撮影管理、各作業の段取り、施工図の作成 安全の管理などたくさんあります。
                                    特に重点的に行っている項目が 安全の管理です。安全第一という言葉があるようにどんな作業でも安全を第一に考えて行動し無事に工事が完了することが第一だと考えています。

入社のきっかけとこれまでのキャリア

建築のはじめから終わりまで関わる事ができる監督業になりたい

中学生の頃、自宅近くの工事現場を見る機会があり、何もない土地から建物が出来ていくさまを日々見ていたため、その頃から建築という業界に興味を持ちました。
専門学校で建築を学び、はじめから終わりまで関わる事ができる監督業になりたいと思いました。

鈴木組に入ったきっかけは、学校の講師で以前鈴木組に勤務していた人から話を聞いたことです。
その講師から、鈴木組はとても雰囲気がよく仕事を覚えやすい環境と教えてもらい、鈴木組に入社して仕事がしたいと思いました。

仕事のやりがい

お客様に引き渡す際の感謝の言葉を
いただいたときは最高ですね

リノベーションという仕事のやりがいは、工事竣工時お客様に引き渡す際に感謝の言葉を頂いたときですね。
改修工事がメインとなり、俗に言われる地図に残る仕事ではないですが、古いものから新しいものへの変化を行うリノベーションはまた違ったやりがいがあります。
お客様の反応が新築工事に比べ大きくないときもありますが、感謝の言葉をいただけると、この瞬間のために頑張っていこうという励みになります。

これからの課題や目標

信頼できる現場監督として仕事を進めていきたい

大きな目標を「現場を一人で任せてもらうこと」に設定してします。
その目標を達成するため「工事の進め方」や「工程の組み方」など小さな目標を設定し、一つずつ解決して信頼できる現場監督として仕事を進めて行きたいです。
課題は、自分は確認不足なところがあり工事がスムーズに行かないことがあるため、一日のスケジュールの中に、現場や図面を確認する時間を設け、見落としが無いよう仕事を進めていきたいです。

求職者へメッセージ

あきらめずに何事にも積極的に取り組むことが大事。

建設業は地域との関わりが深い仕事だと思っています。自分がこの町をより良いものにしていると感じるところが大きな魅力です。
大変なことが多いですが、あきらめずに何事にも積極的に取り組むことが大事だと実感しています。

先輩社員一覧