1. 鈴木組採用サイト ホーム
  2. > 社員紹介
  3. > 原 準哉
写真:原 準哉

日々学び分からないことをそのままにせず、
知識を深めていきたい

土木部原 準哉JUNYA HARA

2016年入社 静岡県立浜松工業高等学校卒業

現在の仕事内容

職人さん達との打合せを密にして工事を
進めています

私の仕事は、現場監督です。現場での指示や作業する為においての安全設備を考えたり、工程を考えたりしています。
職人さんたちとコミュニケーションをとり、どの作業が何日で終わるのかを把握し、どのタイミングで次の職人さん達に来て頂くのかを考えたりしています。
主に現場では写真撮影を行っています。物が出来るまでの一連の作業を写真に撮っておきます。特に完成時に不可視部になるようなところは確実に写真を撮り、後から誰が見ても分かるよにしています。
そして、一番現場で大切だと感じることは安全です。無事故無災害で工事が竣工するよう努力しています。

入社のきっかけ

歴史の長い鈴木組で地域に根付いた
仕事がしたい

私は小さい頃から、建設の仕事に就きたいと思っていました。
父親も元建設関係の仕事をしていて、出かけている時などに「ここは俺も手伝って作ったんだよ」などと言われ、いつか自分も子供に自慢が出来るような仕事がしたいと思い建設の仕事に就きました。
建設の職場を探している中、本社の見学に来た時本社のアットホーム感に惹かれ入社しました。

仕事のやりがい

地図に残る仕事が大きな魅力です

この仕事のやりがいは、色々な方々に出会えることや、1から10まで全て自分が考えて出来ることがあったり、自分が作ったものが地図に残ることだと思います。
工事が竣工し、地域の方々から「お疲れ様でした・ありがとうございました」などと言われた時は、頑張った甲斐があったと感じます。

これからの課題や目標

色々なことに挑戦し、様々な技術・知識・経験を積んでいきたい

今は上司の下で現場を進めていますが、いつかは自分が上に立ち大きな現場を無事、無事故無災害で竣工させたいです。
その為にはまだまだ勉強不足なので、日々学び分からないことをそのままにせず、知識を深めていきたいです。

これから鈴木組に入社する方へ

建物ができたときの達成感を一緒に感じましょう!

建設業は「地図に残る仕事」と言われますが、自分がそれに携わっていけるのが大きな魅力であり、頑張りがいのあるところだと思います。
当然楽しいことばかりではありませんが、無事に工事を終えた時の達成感はとても大きいです。
是非、一緒の現場で働けることを楽しみにしています。

先輩社員一覧